ビタミンについて

ビタミンの効果

炭水化物、たんぱく質、脂肪、ミネラル、ビタミン、水
この6つが私たちの身体の健康維持のために欠かせない栄養素です。

炭水化物、たんぱく質、脂肪は、身体を動かすためのエネルギーとなり、
ミネラルやビタミンなどは、細かい調整をする役割となっています。
ビタミン = ビタミンCと想像する方も多いと思いますが、
ビタミンCばかりを摂取していて、他のビタミンをほとんど摂取できていなければ、
ビタミンとミネラルは十分な身体の調整をしてくれません。
たくさんの種類があるビタミンをまんべんなく摂取することで、初めて力が発揮されるのです。
ビタミン不足になると、ビタミン欠乏症という症状を呈します。
このビタミン欠乏症は、不足しているビタミンによって様々な症状を見せます。
加工食品やファーストフードなどに頼ることなく、
バランスの取れた食事・健康的な生活をしていれば、ビタミン欠乏症になることはありません。

ビタミン欠乏症になりやすいタイプ
→朝・昼・晩の食事が不規則
→コンビニのお弁当などで簡単に済ませてしまう
→ダイエットをしている

このような生活を送っている方は、ビタミン不足になってしまうことが多いようです。

しかし、バランスの取れた食事をしている方であっても安心はできません。
ストレスが多い生活をしていたり、煙草をよく吸う場合などでは、
ビタミンの消費が早いため同じくビタミン不足になり、ビタミン欠乏症になりやすいといえます。

各種ビタミンと点滴療法のご紹介

ビタミンは、20種類以上あり水溶性と脂溶性に分かれます。
ここでは、当院で行っている点滴療法のビタミンについてご紹介いたします。

ビタミンB1(チアミン)

疲れが多い現代社会において、必須のビタミンと言えます。
人間は体を動かすエネルギーを作り出すためには、糖質を燃焼させます。
ですが、この燃焼がうまくいかないと疲労物質である乳酸が蓄積されます。
そこでビタミンB1が、燃焼をスムーズにさせ、疲労蓄積を改善します。
また、脳の活動にも関与していることから、万人にとって大切な栄養素でもあります。
1日の必要量(女性:1.1mg)を食事で摂取するためには、枝豆を140さやも食べなければなりません・・・


ビタミンB1注射はコチラ

ビタミンC注射
免疫力UP点滴(マイヤーズカクテル)
超高濃度ビタミンC点滴(抗がん作用・アンチエイジング作用)
プラセンタ注射(幅広い疾患に有効・薄毛、わきが、美容にも有効)

ビタミンB6

人間の体は、髪や爪、内臓や筋肉にいたるまでタンパク質で構成させています。ビタミンB6は、タンパク質の代謝に欠かせない重要な栄養素です。
こうした代謝だけでなく、免疫機能の保全や、神経伝達物質の働きにも関与していることから、成長著しい子供や、妊娠中の女性の方は、特に重要なビタミンB群です。


ビタミンB6の注射はコチラ

肩こり・筋肉痛解消点滴



*その他点滴療法のご案内*
グルタチオン点滴 (パーキンソン病治療・デトックス作用)

このページの先頭へ

土日診療保険適用、禁煙外来。札幌(西区山の手)の「クリニークアンジェ牧山内科」。一般診療の他にアンチエイジング・札幌メンズ脱毛も実施。