プロペシア使用上の注意

◇◆ 使用上の注意 ◆◇

1. 男性における男性型脱毛症(AGA)のみの適用であり、
  円形脱毛症や抗癌剤等による脱毛症に対する適用はありません。

2. 20歳未満での安全性及び有効性は確立されていないことから、
  未成年に対してプロペシアの処方はできません。

3. 女性への適用はないので、女性に対してプロペシアの処方はいたしません。

4. 妊婦、妊娠している可能性のある女性及び授乳中の女性は服用しないでください。
  (男性胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあります。)

5. 3ヶ月の連続投与により効果が発現する場合もありますが、
  効果が確認できるまで通常6ヶ月以上の連続してのプロペシア服用が必要です。

6. 効果を持続させるためにはプロペシアを継続的に服用する。
  つまり服用し続けた結果効果があっても、服用を中止すると症状が進行します。

7. 前立腺がんの検診を受ける予定のある方は、
  検査を実施される医師にプロペシアを服用していることを必ずお知らせください。
  (プロペシアの成分は前立腺がん検査で測定されるPSA値を約50%低下させるので、
  測定したPSA濃度を2倍した値を目安にする必要があります。)

8. プロペシア服用中は献血をしないでください。
  (献血した血液が妊婦や授乳中の女性の体内に入るのを防ぐためです。
  1ヶ月間、プロペシアの服用をやめれば献血は大丈夫です。)

9. 副作用として性欲減退・インポテンツがありますが、
  国内での臨床試験では発現率は1,0%未満です。

副作用についての詳細は万有製薬提供のこちらをご覧ください。
プロペシア錠:国内臨床試験(副作用)

このページの先頭へ

土日診療保険適用、禁煙外来。札幌(西区山の手)の「クリニークアンジェ牧山内科」。一般診療の他にアンチエイジング・札幌メンズ脱毛も実施。