高濃度ビタミンC療法

高濃度ビタミンC療法

高濃度ビタミンC点滴療法は、強い抗がん効果を発揮します。
「高濃度アスコルビン酸(ビタミンC)点滴は、
がん細胞に対してだけ、選択的に毒性として働く」

これは、2005年に米国・公的機関/国立衛生研究所(NIH)の科学者が行った衝撃的な発表の内容です。

ビタミンCは、自分が酸化されることで強力な抗酸化作用を発揮しますがその際に大量の過酸化水素が発生します。血中に投与されたとき、正常な細胞は過酸化水素を中和できますが、ガン細胞はこれを中和できず死んでしまうというのです。
つまり、高濃度のビタミンCはがん細胞にとって《抗がん剤》でもあるわけなのです。
この作用は、ウイルス感染症治療に対しても役立つと発表しています。
ビタミンCは通常の抗がん剤とは異なり副作用がないのが特徴です。
がん細胞に対しての選択的攻撃力が高く、現在、がん手術後の再発防止、がんの新たな補助療法として、米国・国立がん研究所(NCI)、米国・国立衛生研究所(NIH)において研究が進められている、最先端のがん治療法です。

がんに対するビタミンCの働き

1) 活性酸素を捕捉する抗酸化作用で細胞のがん化を防ぐ。
2) ストレスから守る
3) 白血球やマクロファージの機能を高めて免疫機能を増強する。
4) 抗がん活性を有するインターフェロンの産生を促す。
5) 薬物代謝に関わって発がん物質を解毒し、対外に排泄する。
6) 胃がんの原因になるニトロソアミンの胃中での生成を防ぐ。
7) ウィルスを不活性化する。

副作用のないビタミンC点滴療法

米国では、すでに乳がん、前立腺がん、直腸がん、肺がん、悪性リンパ腫、大腸がん、すい臓がん、卵巣がん、膀胱がん、腎臓がん、子宮がん、などへの治療効果が報告され、主流になりつつあります。また、米国の大腸がん患者の例では、人工肛門をさける意味でこの治療法を選択したご婦人もいらっしゃいます。
メディカルクリニックの治療を総合的に監修している柳澤厚生・元杏林大学教授は、《どのようながんでもチャレンジする価値はある》と考え、次のような方に勧めています。

  • 有効な治療がない方
  • 抗がん剤や放射治療の無効の方
  • 抗がん剤や放射治療と併用する方
  • 抗がん剤や放射線治療の副作用が強くて続けられない方
  • これから手術を控えている方
  • 再発・予防(がん家系で自分も心配な方など)に対して
所要時間 料金(税別)
高濃度ビタミンC点滴 90分~ 15,000円~
料金はビタミンCの量により異なります。(15,000円~25,000円)
ビタミンCの量は、体重・症状により決定します。
この他、初回のG6PD採血(まれに高濃度のビタミンCが体質に合わない方(G6PD欠損症)がいらっしゃるため)と、定期的にビタミンC血中濃度の測定が必要となります。保険外診療のため、どちらも自費の検査となります。

※詳細についてはお問い合わせください。

別途
初診料(初回の方):2,000円
再診料(2回目以降の方):500円

 

このページの先頭へ

土日診療保険適用、禁煙外来。札幌(西区山の手)の「クリニークアンジェ牧山内科」。一般診療の他にアンチエイジング・札幌メンズ脱毛も実施。