子宮頸がんとは

子宮頸がんとは

子宮は、女性にしかない特別な臓器の一つです。
子宮頸がんとは、子宮の入り口付近(子宮頚部)にできるがんのことを言います。
子宮にできるがんのことを子宮がんと呼びますが、
子宮がんは、がんができる場所によって子宮頸がんと子宮体がんに分けられます。

子宮頸がんと子宮体がんは全く異なるがんで、がんが発生する場所が異なるだけでなく、原因や、なりやすい年代も異なります。

子宮体がん

子宮体がんとは、赤ちゃんが育つ場所(子宮体部)にできるがんで、
閉経後の女性(50歳~)に多く見られます。
早期発見のため、専門の医療機関にて定期的に検診を受けることが大切です。

子宮頸がん

子宮頸がんとは、子宮の入り口付近(子宮頚部)にできるがんで、
がんになる原因が解明されています。最近では、20代~30代の女性に急増しています。
検診により、がんになる前に発見することができるので、
専門の医療機関にて定期的に検診を受けることが大切です。

子宮頸がんの症状

初期の子宮頸がんはほとんど自覚症状がないため、自分で気づくことができません。
そのため、月経時以外の出血やおりものの増加、性交渉の際に出血に気がついたときは、すでにがんが進行しているということも少なくありません。
がんが進行すると、子宮をすべて摘出する手術が必要になる場合もあり、女性にとって心身ともに大きな負担となります。

症状の例

  • 月経以外のとき、性交渉時などの出血
  • おりものの異常(茶褐色、黒褐色のおりものが増える など)
  • 月経の異常(量が増える、長引く など)
  • 下腹部、腰が痛む            など

※上記の症状がみられたからといって、必ずがんができているわけではありません。
気になる症状がみられた場合は、お早めに専門の医療機関を受診してください。

どんな人がなりやすい?

がんと聞くと、家族や親戚にがんになった人がいるとなりやすい。
というイメージがありますが、子宮頸がんは遺伝などに関係なく、
性交経験のある女性なら誰でもなる可能性のある病気です。
近年では20代後半から30代に急増、若い女性の発症率が増加傾向にあります。
女性特有のがんの中では乳がんに次いで第2位を占めており、
特に20代から30代の女性においては、発症するすべてのがんの中で第1位となっています。

子宮頸がんの原因

子宮頸がんは、原因が解明されている数少ないがんです。
ヒト・パピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染が原因と解明されています。
ヒト・パピローマウイルス(HPV)は、性交渉により感染します。
性交経験のある女性であれば、誰でも感染したことがあると考えられている、とてもありふれた存在です。

ほとんどのHPV感染は一時的で、約90%が自然消失します。
しかし、10人に1人くらいはウイルスが排除されずに感染が長期化(持続感染)することがあります。このうちの一部に長い年月(ウイルス感染から平均で約10年以上)をかけて、前がん状態(異形成)から子宮頸がんへの進行がみられます。
持続感染する原因はまだ明らかにはなっていませんが、その人の年齢や免疫力などが影響しているのではないかと考えられています。また、ヒト・パピローマウイルス(HPV)に持続感染して異形成になっても、途中でヒト・パピローマウイルス(HPV)が自然消失し、それに伴って異形成も自然に治癒する場合がほとんどです。

子宮頸がんは、予防できるがんです。
ワクチン(サーバリックス)を接種し、子宮頸がんを予防しましょう!
子宮頸がんワクチンのページへ戻る

このページの先頭へ

土日診療保険適用、禁煙外来。札幌(西区山の手)の「クリニークアンジェ牧山内科」。一般診療の他にアンチエイジング・札幌メンズ脱毛も実施。